パーキンソン病のリハビリ

Posted by admin | リハビリ | 水曜日 2 4月 2014 11:36 AM
パーキンソン病であることを意識しすぎず、できるだけ今までどおりの生活を送りましょう。
体が動かしにくいと、外出もおっくうになりがちですが、家の中に閉じこもって体を動かさずにいると、筋肉や関節がかたくなり、ますます体が動かなくなってしまいます。積極的に外出することで生活にメリハリがつき、心が前向きになって、運動能力が低下するのを防ぐことができます。
日常生活の動作の一つ一つがリハビリになります。
できる範囲で身の回りのことを自分で行い、運動量の低下を防ぎましょう。

類似の病気と判別する為の正確な診断

Posted by admin | パーキンソン病とは | 日曜日 2 3月 2014 8:24 AM
パーキンソン病という病名を聞くとどんなイメージをもたれますか?体がしだいに動かなくなる恐ろしい難病と考える方が少なくないと思いますよ。たしかにパーキンソン病とは国に指定されている難病です。徐々に動作が鈍くなり寝たきりになる人が多い病気です。しかし今はパーキンソン病に有効な薬が次々と開発されていて、早期に治療や体を動かしリハビリをしていくことで上手に病気とつきあえば人生をまっとうすることができるようになってきているそうですよ!ただ人生をまっとうできるようにするためには、上手に治療やリハビリを行っていく!パーキンソン病という病気についての正しい知識をもつことが大切なことなんだと思います。パーキンソン病の代表的な4つの症状があります。安静時振戦という安静時のふるえ。固縮の筋肉のこわばり。無動という動作が緩慢で動きが少なくなり無表情になる。姿勢反射障害という姿勢が保ちにくい、軽く押されただけでも倒れる。また似たような症状がみられる病気がありますので正確な診断が必須となります。

異常姿勢

Posted by admin | 症状 | 水曜日 22 1月 2014 8:24 AM
パーキンソン病患者様は座っていると自然に身体が一定方向に傾いてしまう「姿勢異常」という状態になりますね。この状態は初期の症状ですが、中期・末期になると身体が2つに折れ曲がる。わかりやすくいうと、くの字形になるなどの症状がおきてきます。なぜパーキンソン病患者様に異常姿勢が起こるのか?それは身体の中心部(体幹)が異常の筋肉の収縮状態によっておこるからだそうです。このように姿勢異常がおこると、本当に危険で転倒しないように、気をつけなければいけません。なぜなら大怪我につながってしまうからです。しっかりとご家族さまや介護をされている方に協力を受けながら治療やリハビリに力を入れていきましょう。

治療法について

Posted by admin | 治療 | 水曜日 15 1月 2014 6:00 PM
パーキンソン病の治療には、薬物治療・外科治療・理学療法があるそうです。パーキンソン病の多くは治療が必要な場合はまず薬物治療からはじめます。患者様の多くは薬物治療でかなりパーキンソン病の症状が良くなるそうです。ただ長期にわたる薬物治療法の限界もあるそうです。外科治療法は長期の薬物治療での問題点を緩和することで行われることがあります。ただ認知症がない患者様が対象になります。そして理学療法です。理学療法はリハビリテーションです。パーキンソン病患者様は家でじっとしている患者様も多いと思われますので、そんな患者様には身体機能を低下させないように早期からの適度な運動をはじめることがおすすめなんです。今まであげた治療法は残念ながらパーキンソン病そのものを治すわけではありません。ただし早期発見が大事で薬物治療は早めにはじめる、とにかくパーキンソン病の症状が見られたら早めの受診をしてください。

初期症状について

Posted by admin | 未分類 | 木曜日 3 10月 2013 9:00 AM

パーキンソン病の初期症状は、ふるえから始まる人が一番多いそうです。ふるえは左右どちらかの手がふるえるようになり何も動作をしてない時にふるえるのがパーキンソン病の特徴です。ただ睡眠中にはまったくふるえが起こらないそうです。次に歩行障害ですが、パーキンソン病の初期症状としての歩行障害は特に最初の一歩が踏み出せなくなるそうです。体が傾いても足を出してすぐに立て直すことができなくなります。姿勢反射障害が起き転びやすくなってきます。そして動作緩慢という症状です、筋肉が硬直して関節を曲げたり伸ばしたりする時に抵抗があるため日常的な動作をするのが遅くなります。その人その人で初期症状も違います。またパーキンソン病は命にかかわる病気ではありませんが身体機能低下による感染症や転倒による骨折で寝たきりになるケースが多いですのでリハビリはとても重要なんです。リハビリを行うことで症状の進行を遅らせることは可能です

iPS細胞がもたらすもの

Posted by admin | 治療 | 水曜日 17 7月 2013 11:52 AM

iPS細胞の研究で山中教授がノーベル賞を取ったといわますが、これは共同研究なので日本だけの快挙ではなさそうです。だからマスコミは浅はかだと言われています。日本人が~を強調しすぎてしまい、国民に誤解を与えているそうです。しかし世界から選ばれた中山教授なので、主たる中心人物ではあるのでしょうね。でも中山教授は「自分1人ではここまで来れなかった。皆の協力があって~」と感謝のコメントだったので、中山教授本人は謙虚な感じはあるようですが、iPS細胞は難病などにも明るい光をもたらしてくれそうです。あと数年後には特効薬ができているかもしれないですね。悪用されなければいいですが、クローンなどにね。あれは良くないと思います。そもそも必要ないですからね、クローンは。破滅しますよ世界が。とにかく悪用されてほしくないですね

パーキンソン病での仕事

Posted by admin | パーキンソン病とは | 金曜日 24 5月 2013 8:00 AM

パーキンソンは進行為、少しずつ手足や姿勢など変化が出てくる。体調上下も激しくなってくる。働いていた人がパーキンソンにかかり、仕事が徐々に出来なくなる。社会から疎外感を覚える。社会に関わっていたい気持ちはわかりますが、そういった状態方が働ける職場があるかと言えば、ないに近い。在宅ワークもなかなか自分状態では厳しい、需要なし。ただパソコンは時間かかっても出来る可能性があるで自宅でアフィリエイトをする人もいます。働いてお金をもらうが仕事かもしれませんが、自分と同じ境遇人や自分気を知ってもらう。これも仕事かもしれません。企業理解がなければ 社会で働く事はできないです。自分も考えます。あるひ難を発症したら、どうすればいいだろうと。そ時頼りになるが、発症者話やblogから知識になるんです

パーキンソン病との関係

Posted by admin | パーキンソン病とは | 月曜日 6 5月 2013 9:00 AM

パーキンソン発症は手ふるえや歩きにくさなど主に運動に関係した症状で見つかることが知られています。ただ、最近これら運動に異常が現れるかなり前から便秘を訴えていた方が多かったことがわかってきたそうです。もちろん便秘がち人がすべてパーキンソンになるわけではありませんただ50歳代から70歳代ぐらいまで男性で、そパーキンソンになる人は3~4倍といった報告があるそうです。また「匂い」低下も注目されています。例えば、匂いが分かりにくい表現ではなく、「食事が美味しくなくなった」「味がにぶってきた」と感じで表現するようです。パーキンソン関係で注目されているは、そ他にもうつ症状人や睡眠時行動異常などもあります。これら症状はパーキンソンになった方生活中で振り返った時に目立った症状です。パーキンソンには、様々な治療法選択肢があります。 薬治療法、リハビリ、手術治療。そ中でリハビリは症状にあわせ症状軽減や苦痛緩和に有益な治療法です。

紅茶

Posted by admin | 治療 | 土曜日 6 4月 2013 8:18 AM

カフェイン摂取量が増加すると、パーキンソン病のリスクは減少した。という研究結果がでたそうです。カフェインの総摂取量で 4 つのグループに分けて比較すると、総カフェイン摂取量が最も多い人々は、最も少ない人々より、パーキンソン病のリスクが 45 パーセント低下したそうです。私はコーヒーが大好きなので結構飲んだりします。中でも紅茶は、パーキンソン病のリスクを大きく低下させるみたいです。調査では、緑茶はリスクの低下と関係しませんでした。お茶でも違うんですね。緑茶ポリフェノールのパーキンソン病の予防効果を動物モデルで発表した所、カフェインを含む飲料である紅茶は、総カフェイン摂取量や喫煙の影響をうけることなく、パーキンソン病のリスクの低下と関係しました。その紅茶の摂取量で 更に3 つのグループに分けて比較すると、最も多く紅茶を飲む人々は、最も少ない人々より、パーキンソン病のリスクが 71 パーセント低下!ですって。これはびっくりです。紅茶も見直してみようとおもいます。

リハビリの必要性

Posted by admin | リハビリ | 土曜日 9 3月 2013 8:13 AM

みなさんもご存知だと思いますが、パーキンソン病は原因不明の難病です。現在の医学では完治することができない病気です。パーキンソン病は長い年月をかけてゆっくり病気が進行していくのも特徴のひとつですよね。いずれは介護が必要となってしまいます、ただパーキンソン病の進行を遅らせることが可能だということもあります。今できることは、症状の緩和と病気の進行を遅らせること、そしてリハビリです。進行を遅らせるためには薬物治療と運動や体操のリハビリがとても重要になってきますよね。パーキンソン病の症状は体の震えなど自分の意思ではどうしようもなく、体がいうことをきかなくなってしまうことが多いので、運動や体操がおっくうになりがちだと思います…。だからと言ってリハビリをしないでいると筋力が低下し、余計と悪化させることになり、結果的にパーキンソン病の進行を早めてしまうことになってしまうので、気をつけて下さい。

次ページへ »