放課後等デイサービスに興味があります。

Posted by admin | 未分類 | 金曜日 17 10月 2014 6:18 PM

放課後等デイサービスに興味があります。

私の知人に発達障害の子供と暮らしている方がいるのですが、放課後等デイサービスに通わせようか悩んでいました。

みなさんも放課後等デイサービスについて悩んだりしませんでしたか?

どんな子供さんが利用しているのか?どんなことをして放課後を過ごすのか?いろいろ知りたいとは思いませんか?

いろいろな事業所に問い合わせて聞いてみるとやはり事業所により様々な特色があるようです。

ひとつめは、体力を鍛えることをメインにしている施設。山登りや散歩などの課外活動に加え、簡単な料理、工作などの屋内活動も行っているようです。

なかには、保育園や児童養護施設と隣接していて、そこの生徒さんと活動を共にすることもある施設もあるようです。

このような施設では知的障害児が主に利用しているようでした。体を使うことをメインにしている施設なので身体障害児には難しいからでしょうかね…

送迎はないようでした。

ふたつめは、ほとんどが室内活動ですが、天気の良い日には庭で遊んだり、散歩に行ったり、季節によっては様々イベントもやっている施設。送迎もあり、知的障害児や身体障害児のどちらも利用しているようでした。

やはり施設によっていろいろな特色、サービスがあるようですね。

どこを選ぶのかはしっかりと検討した方が良いのではないでしょうか?

通いやすいということだけでなく、希望されているサービスはあるのか?お子様との相性が合うのか?など、一度見学などをして決めた方が良いと思います。

お子様がゆったりと安心して過ごせる施設があるといいですよね。

みなさんはどんなことを基準に施設を選ばれますか?

岐阜・本巣・瑞穂でお勧めの放課後等デイサービス

http://himawari.link/

訪問マッサージを知りました。

Posted by admin | 未分類 | 水曜日 21 5月 2014 7:52 PM

訪問介護のヘルパーさんにお世話になっています。とても丁寧な方ばかりでとても
助かっています。

やってもらっていることは、お部屋の掃除や、玄関、廊下、トイレ、風呂など、
生活空間の掃除、整理整頓、小物などの整理をまずやってもらいます。

父は身体が不自由なので、こういったヘルパーさんの存在はありがたいんだ
そうです。
最初は、無理してでも自分でやると言い張っていましたが、だんだんそうは
いかず、おねがいするようになりました。

ヘルパーさんも、若い人であってもとても気さくでこむつかしい父親に対して
うまく話を合わせてくださったり、同調されたり、いろいろなことで気にかけて
くれます。

その中でも、今はやりはこんなことだとか、外にあまり出て行けない父に対して
教務深そうな話題や、そうでなさそうなものまで、いろいろ気を使って会話してくれているように
思えます。

会話だけでなく、生活空間の掃除なども丁寧で、とても助かっています。
また、身体介護の方は、おむつ交換や、トイレの手伝いなど、けっこう細かい事に
気づいてもらえるため、本人自身も助かっているようですし、私たち家族も助かっています。

そんな気さくなヘルパーさんから聞いたのが訪問マッサージの存在です。
訪問マッサージというのは、父のようなパーキンソン病や、リウマチ、脳梗塞などの病気などで
歩行困難な方のご自宅や施設に往診してくれるマッサージのことです。

マッサージと言っても、リハビリもしてもらえます。足や手の関節を動かしてくれたり、
たったり、座ったりの練習もしてくれます。

おかげで、調子がいいときはポータブルトイレに移動できるようになりました。
早くからはじめていればよかったです。でも訪問マッサージをおしえてくれたヘルパーさんにも感謝です。

訪問介護のヘルパーに聞いた訪問マッサージひまわり

http://www.hoken28.com/

交通事故の治療は岐阜市の接骨院でもできるようだ。

Posted by admin | 未分類 | 土曜日 26 4月 2014 4:05 PM

交通事故にあってしまった。

信号待ちをしていたら後ろから追突されてしまった。首と腰が痛くて、動くのもつらい・・・。

念のため病院でレントゲンでも撮りに行こうと思う。

そういえば、交通事故の治療ってどこでできるんだろうと思った。病院?整形外科?

友達が事故にあった時、整形外科で治療を受けているとは聞いたことがある。

その時は電気治療と湿布をもらって様子を見ましょうと言われたと何カ月かつらそうにしていたな。

他にも治療できるところはあるんだろうか?

皆さんは交通事故の治療と言ったらどこを思い浮かべますか?

インターネットで調べてみると接骨院でも交通事故の治療をしていることが分かりました。

岐阜市にもたくさん接骨院があるんだなと思いながら見ていると、一つの接骨院のホームページが目にとまった。

笑顔の写真があったり、治療風景も載っていたから参考になる。

この接骨院では電気治療だけでなく先生の手による治療もしてくれるようです。

どうせ、治療に行くなら先生の手でしっかりと治療してもらいたいな。

やっぱり直接手で治療してもらえると自分にあった治療をしてくれそうな気がするし。

ホームページの中に患者さんの声も記載されてて、病院や整形外科で電気治療だけ受けてた患者さんがなかなか治らないから、接骨院に転院して症状が改善したという記事もあった。

ほかにも症状に合わせていろいろな機械も使ってくれるみたいです。

早めに治療することで早く回復し、後遺症も予防できるそうです。

そういえば以前、親戚のおじさんが首が痛そうにしていたのを思い出しました。どうしたのか聞いてみると、数年前に事故をしたときから痛む時があるのだと話してくれました。そのときは、あまり痛くなかったから、治療はせずに湿布だけ貼っていたそうです。

何年も経っているのに痛みで悩むとは、事故直後からしっかり治療したほうがよいのかもと思います。

僕も早めに治療に行って早く痛いから解放されてスッキリしたいなと思います。

岐阜で交通事故治療をするなら田原接骨鍼灸院!

http://www.bo-ne.com/

パーキンソン病のリハビリ

Posted by admin | リハビリ | 水曜日 2 4月 2014 11:36 AM
パーキンソン病であることを意識しすぎず、できるだけ今までどおりの生活を送りましょう。
体が動かしにくいと、外出もおっくうになりがちですが、家の中に閉じこもって体を動かさずにいると、筋肉や関節がかたくなり、ますます体が動かなくなってしまいます。積極的に外出することで生活にメリハリがつき、心が前向きになって、運動能力が低下するのを防ぐことができます。
日常生活の動作の一つ一つがリハビリになります。
できる範囲で身の回りのことを自分で行い、運動量の低下を防ぎましょう。

類似の病気と判別する為の正確な診断

Posted by admin | パーキンソン病とは | 日曜日 2 3月 2014 8:24 AM
パーキンソン病という病名を聞くとどんなイメージをもたれますか?体がしだいに動かなくなる恐ろしい難病と考える方が少なくないと思いますよ。たしかにパーキンソン病とは国に指定されている難病です。徐々に動作が鈍くなり寝たきりになる人が多い病気です。しかし今はパーキンソン病に有効な薬が次々と開発されていて、早期に治療や体を動かしリハビリをしていくことで上手に病気とつきあえば人生をまっとうすることができるようになってきているそうですよ!ただ人生をまっとうできるようにするためには、上手に治療やリハビリを行っていく!パーキンソン病という病気についての正しい知識をもつことが大切なことなんだと思います。パーキンソン病の代表的な4つの症状があります。安静時振戦という安静時のふるえ。固縮の筋肉のこわばり。無動という動作が緩慢で動きが少なくなり無表情になる。姿勢反射障害という姿勢が保ちにくい、軽く押されただけでも倒れる。また似たような症状がみられる病気がありますので正確な診断が必須となります。

異常姿勢

Posted by admin | 症状 | 水曜日 22 1月 2014 8:24 AM
パーキンソン病患者様は座っていると自然に身体が一定方向に傾いてしまう「姿勢異常」という状態になりますね。この状態は初期の症状ですが、中期・末期になると身体が2つに折れ曲がる。わかりやすくいうと、くの字形になるなどの症状がおきてきます。なぜパーキンソン病患者様に異常姿勢が起こるのか?それは身体の中心部(体幹)が異常の筋肉の収縮状態によっておこるからだそうです。このように姿勢異常がおこると、本当に危険で転倒しないように、気をつけなければいけません。なぜなら大怪我につながってしまうからです。しっかりとご家族さまや介護をされている方に協力を受けながら治療やリハビリに力を入れていきましょう。

治療法について

Posted by admin | 治療 | 水曜日 15 1月 2014 6:00 PM
パーキンソン病の治療には、薬物治療・外科治療・理学療法があるそうです。パーキンソン病の多くは治療が必要な場合はまず薬物治療からはじめます。患者様の多くは薬物治療でかなりパーキンソン病の症状が良くなるそうです。ただ長期にわたる薬物治療法の限界もあるそうです。外科治療法は長期の薬物治療での問題点を緩和することで行われることがあります。ただ認知症がない患者様が対象になります。そして理学療法です。理学療法はリハビリテーションです。パーキンソン病患者様は家でじっとしている患者様も多いと思われますので、そんな患者様には身体機能を低下させないように早期からの適度な運動をはじめることがおすすめなんです。今まであげた治療法は残念ながらパーキンソン病そのものを治すわけではありません。ただし早期発見が大事で薬物治療は早めにはじめる、とにかくパーキンソン病の症状が見られたら早めの受診をしてください。

初期症状について

Posted by admin | 未分類 | 木曜日 3 10月 2013 9:00 AM

パーキンソン病の初期症状は、ふるえから始まる人が一番多いそうです。ふるえは左右どちらかの手がふるえるようになり何も動作をしてない時にふるえるのがパーキンソン病の特徴です。ただ睡眠中にはまったくふるえが起こらないそうです。次に歩行障害ですが、パーキンソン病の初期症状としての歩行障害は特に最初の一歩が踏み出せなくなるそうです。体が傾いても足を出してすぐに立て直すことができなくなります。姿勢反射障害が起き転びやすくなってきます。そして動作緩慢という症状です、筋肉が硬直して関節を曲げたり伸ばしたりする時に抵抗があるため日常的な動作をするのが遅くなります。その人その人で初期症状も違います。またパーキンソン病は命にかかわる病気ではありませんが身体機能低下による感染症や転倒による骨折で寝たきりになるケースが多いですのでリハビリはとても重要なんです。リハビリを行うことで症状の進行を遅らせることは可能です

iPS細胞がもたらすもの

Posted by admin | 治療 | 水曜日 17 7月 2013 11:52 AM

iPS細胞の研究で山中教授がノーベル賞を取ったといわますが、これは共同研究なので日本だけの快挙ではなさそうです。だからマスコミは浅はかだと言われています。日本人が~を強調しすぎてしまい、国民に誤解を与えているそうです。しかし世界から選ばれた中山教授なので、主たる中心人物ではあるのでしょうね。でも中山教授は「自分1人ではここまで来れなかった。皆の協力があって~」と感謝のコメントだったので、中山教授本人は謙虚な感じはあるようですが、iPS細胞は難病などにも明るい光をもたらしてくれそうです。あと数年後には特効薬ができているかもしれないですね。悪用されなければいいですが、クローンなどにね。あれは良くないと思います。そもそも必要ないですからね、クローンは。破滅しますよ世界が。とにかく悪用されてほしくないですね

パーキンソン病での仕事

Posted by admin | パーキンソン病とは | 金曜日 24 5月 2013 8:00 AM

パーキンソンは進行為、少しずつ手足や姿勢など変化が出てくる。体調上下も激しくなってくる。働いていた人がパーキンソンにかかり、仕事が徐々に出来なくなる。社会から疎外感を覚える。社会に関わっていたい気持ちはわかりますが、そういった状態方が働ける職場があるかと言えば、ないに近い。在宅ワークもなかなか自分状態では厳しい、需要なし。ただパソコンは時間かかっても出来る可能性があるで自宅でアフィリエイトをする人もいます。働いてお金をもらうが仕事かもしれませんが、自分と同じ境遇人や自分気を知ってもらう。これも仕事かもしれません。企業理解がなければ 社会で働く事はできないです。自分も考えます。あるひ難を発症したら、どうすればいいだろうと。そ時頼りになるが、発症者話やblogから知識になるんです

次ページへ »